CANDYのバナー
サイトについて
業界TOPクラスの出会いを提供する家出掲示板がコチラ!とにかく出会えます!
登録無料ですぐ利用可能なので、早速掲示板を覗いてみましょう♪
最近の投稿
ちょっと大人の関係を望んでます。まずはメールからどうですか?38~58歳ぐらいの方と仲良くなれたら嬉しいです。
料金 登録無料
評価 ★★★★
口コミ ★★★★★
ジャンル 家出・援助
もっと詳しく見る
家出女子掲示板のバナー
サイトについて
オールジャンルの出会いに対応したマルチサイト!好きなジャンルで検索してみよう☆
人妻に人気のサイトなので、いきなりセフレっていうパターンもアリですね♪
最近の投稿
寝るとこがありませーん!今夜泊めてくれるオシャレな方大募集!ちなみに二人です♪
料金 登録無料
評価 ★★★★
口コミ ★★★★
ジャンル セフレ・割り切り
もっと詳しく見る
らぶらぶメールのバナー
サイトについて
口コミで人気急上昇中の注目サイト!何と言っても男女のバランスが絶妙に良いです♪
お試しポイントもあるので、まずは利用してみるのをオススメします☆
最近の投稿
一度きりの人生、息抜きや秘密の楽しみとしてのお付き合いをしてくれる人を探しています。
料金 登録無料
評価 ★★★
口コミ ★★★★★
ジャンル 人気・割り切り
もっと詳しく見る

援交なら家出掲示板を狙え!

援助交際という言葉が一般化してしまい、出会い系サイト規制法が施行されると、18歳未満の少女たちはSNSに移りました。SNSは年齢制限がなく、規制の対象からは外れています。しかし、売春・淫売と言う行為がなくなったのかというとそうではなく、規制を受けない方へ一時避難している状態に変わりはありません。こういうものは「もぐら叩き」のように、消えてはまた出現するのです。更に成人した大人まで売春・淫売を援助交際と称するようになり、裾野はかえって広がったと言うべきかもしれません。

少女たちにとって、援助交際に走る要因の一つに家出があります。昔から、「止められないものは娘の家出と婆さんの小便」という言葉があります。昔から、娘たちは躊躇なく家出をしたものでしょうか。一昔の家出でさえ、「二度と家には帰らない」という思いでふるさとを後にしたものです。

現代の家出は、誰をも納得させるような理由があるとは思えません。「なんちゃって家出」や「プチ家出」と称されるように、家出をしなければならない要因が希薄なのです。なので、たまに家に帰って着替えを取りにきて、また出て行くという気軽なものに変わりました。親もあまり気にしなくなり結果、犯罪に繋がってしまうケースもでてきました。

あまり深く考えずに、家を出てしまった少女たちが拠り所とするサイトが「神待ち」と呼ばれるサイトです。深い考えや準備なしに家を出た少女たちは、都会に出て数時間で困窮してしまいます。宿泊するところ・着替え・食事・入浴に金が出て行くからです。それを救うのが神の存在です。神はそれらの世話をする代わり、セックスの代償を求めるのです。

神と呼ばれてはいますが実態は「助平親父」のことです。中には神に近い人もいるようで、「かわいそう」と言って、無償で宿泊やお小遣いの世話をする人もいるとか。神に近い人がいても、実態が改善されるわけではなく、野良猫に餌を与える偽善者ではないかとの評価もされています。

「神待ちサイト」は危険です。出会い系サイトよりも出会えるからです。なにせ相手は家出の高校生や比較的若い層、切羽詰っています。普通の出会い系サイトのように、メール交換をして最終的に出会うという順序がないのです。切羽詰っていれば「順不同・敬称略」なのは理解できますが、家出した少女たちのようにサイトの「行き当たりばったり」感が強すぎます。

中には神をも騙す行為に走る少女もいるはずです。少女が警察に補導され今までの過程を洗いざらい説明し、実際行っていない行為まででっち上げられないとも限りません。神が言うのも変ですが「触らぬ神に祟りなし」です。

神にすがるような素振りを見せながら、隙を見て金品を盗む少女もいるらしいのです。「神をも恐れぬ行為」ではありますが、神も下心がありますからどっちもどっち、決まり手は「痛み分け」ということでしょうか。盗まれたほうも警察には届けられない理由があり、少女が補導されてから知らされることがあるようです。警察に「なぜ被害届を出さなかったのか」を聞かれることになるようです。

戦後すぐには赤線という売春地帯がありました。その頃の売春は生活のために体を売っていたのですが、現在の売春は物欲を満足させるために売春を行います。生活のための売春は許されて、物欲のための売春はだめなのかの問題ではありません。売春自体昔から違法行為ですが、生活のためというと「やむにやまれぬ」感が強く出ています。物欲のための売春は相手が物欲のため、止め処もないところまで付き進みがちです。物欲は「天井知らず」なのです。物欲は売春では抑える事はできません。

若い頃、物欲を満たすために売春に明け暮れ、すっかり人間不信になってしまった女性もいます。物欲が強い→手っ取り早く売春をする→精神を病む→人間不信になる、という構図は同情を誘うものでしょうか。「ざま見ろ」とは言わないまでも、「様にはならない人生」という評価は受けます。人間誰しも物欲はあります。資本主義経済は、人間の物欲がなかったら成立しないようになっています。人間の物欲を土台に建てられた建物と言ったほうがいいでしょう。

しかし、如何に物欲が強いといっても「売春を容認」する社会ではありません。今では禁止されましたが、一昔前まで「売血」ということが行われていました。生活のため自分の血を売る行為です。多く売らなければならないため水を飲んで採血した結果、血が薄くなり「黄色い血」として問題化しました。それ以来、売血制度は廃れていきました。自分の身を売る行為は絶対にペイしません。割に合わないことなのです。売春行為もそうです。

売春は人間が一番早く行った「商行為」だそうですが、一番早く行った女性は生活のためであって、物欲から出発したものではないでしょう。この商行為を行った女性に「あわれ」を感じ、胸が熱くなります。家出する少女たちの実態もそうですが、援助交際=売春・淫売という表現についての反応が、あまりにも弱いと感じられます。つまり、家出の原因も売春する要因も、大して強い力は働いていないということです。

「絶対そうしなければならない」要素が見られないのです。「なんとなく」家出をしたり、援助交際をしたり、覚悟というものが感じられないのです。それだから神に頼ったり、売春という言葉の変わりに援助交際と言ってみたりして、お茶を濁そうとしているように感じられるのです。この先にあるリスクを全く考えずに、刹那的に行動に走るように感じられます。

本当は頭があまり良くない為に、物事を深く考えることができない様子が伝わってきます。まともな本を読んだり、音楽を聴いたり、映画を見たりと、真っ当な生き方を捨てて物欲のために売春婦に走ることを、どう説明できるのでしょうか。